麻 SHIBIRE 汁無し担々麺@Shitatte Sapporo


チカホ直結のShitatte Sapporoにある、麻SHIBIRE(しびれ)。東京の中国四川料理店、芝蘭の姉妹店としてオープン。特に汁無し担々麺が女子に人気のようです。

銀座の人気ラーメン店、篝のお隣です。札幌でもここ数年辛いラーメンや汁無しラーメンが流行っており、此方のお店も昼は繁盛しています。


「スポンサードリンク」

お店の特徴

  • 東京の中国四川料理店、芝蘭の姉妹店
  • 汁無し担々麺がイチオシの様子で、温泉卵と追い飯付¥900提供(¥1000のところ割引続行中らし)
  • 中華メニューもあり、セットなど多数あり。

今回は汁無し担々麺と、パクチー飯を頼みました。連れは汁無し担々麺 温泉卵と追い飯セット

あまり担々麺のことはわかりませんが、甘辛いゴマだれ風の日本式担々麺というより、本当の四川料理(だと思う)寄りの味。

麺は艶と弾力のある無かんすいのやや平らな断面の麺です。辛さも適度で程ほどな痺れがある。札幌市内での比較になるが、175°DENOみたいな強い痺れはない。全体的に女性的な(てゆうのがよくわからないかもしれないが)担々麺です。

そこに、2種類の山椒が用意されています。これをかければ、ほら、もう少し「らしく」なるのかも。

自分は適量を振りかけ、どことなく本格的な四川担々麺的な味を理解できたのかなあ~とぼんやり食べ終えた。

ところが!!

連れの嫁は珍しく残していました。理由を聞くがあまり大きい声で言えない様子なので代わりに食べてみた。

どうやら辛いもの好きのせいか山椒を振りかけ過ぎたようで、山椒の味しかしない状態になっていました。これは食べられたものではありません。当たり前の話ですが、昔は自分もラーメンに必ず胡椒を大量にかける病気のような状態だったことがあるからよくわかります。そのあと甘いものを食べに行きました。

結論:当然ながら此方のお店で問わず、山椒を振りかけ過ぎないように注意しましょう。基本的にはおしゃれな四川料理店で、女性からも好かれる綺麗な中華料理店なので混み合う理由がよくわかります。

店舗情報

  • 札幌市中央区北2条西3丁目shitatte札幌 地下歩行空間直結
  • 0112131485
  • 11時~22時ラストオーダー
  • 基本無休(年末年始不明)
  • カウンター、ボックス席など

 

「スポンサードリンク」



「スポンサードリンク」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です