スガキヤラーメン(袋ラーメン)


名古屋にあるあのチェーン店「スガキヤラーメン」が、インスタントラーメンとして販売されていますが、札幌で発見したので即購入しました。

スガキヤラーメンとは(自由研究)

名古屋を中心に展開されているフードコート風のラーメンチェーン店。創業は1946年だそうだが初めは甘味処であった。その後お客さんの声でラーメンが登場。あっさりとんこつに和風味を効かせたスープが特徴で、300円前後で食べられる地元のソウルフードとして愛されています。さらに大きなフォークとスプーンが合体したレンゲフォークもスガキヤの代名詞になっており、アメリカでも販売されている。ちなみにスガキヤラーメンの味をインスタントとして販売している寿がきや食品は、スガキヤラーメンを運営している会社の系列会社です。スガキヤラーメン以外のインスタント麺も多数発売している。

余計な情報だが、同社はスープを初めて粉末状にした草分け的存在だそうです。


購入場所

基本的には愛知県周辺がメインだが、私は札幌の北野エースで購入しています。¥156税込

作り方

麺を茹でたお湯にそのままスープを混ぜて良いタイプなんですね。


ラーメンの特徴

  • 麺・・・これは仕方ないがお店のとは違うが、一般的な縮れ麺タイプ。だがやや黄色味があるノンフライ。
  • 具・・・なし
  • 汁・・・正直10年近く食べてないから忘れましたが、本物とはなかなか近い形のスープらしいです。あっさりとんこつに、和風出汁が利いています。

最近はキザでお洒落でプチ高級感ある顔した意識高い系ラーメン(それはそれで美味しいんですが)が、ラーメンという位置付けにされつつありますが、おやつはラーメン的な美味しさは、それぞれ地域に残り続けるはずです。札幌にも本当は、こういうスガキヤみたいなご当地ラーメン的なのがあれば良いのになあ。といつも思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です