支那そば花@神戸 三宮で深夜に頂ける「あっさり中華そば」

「支那そば花」。広島の福山や岡山にもあるお店なんです。鴨出汁のあっさり中華そばが看板メニューのお店です。

支那そばとは?前回のブログ記事で紹介したとおり、ラーメンのことです。では早速レビューします!



<スポンサードリンク>

三宮近辺を深夜にうろついて、あっさり美味しいラーメンがないかネット検索するが、意外と豚骨ラーメンばかりが・・・そこに1軒だけ異彩を放つ店名が!

生田神社東門街、夜の店が立ち並ぶ界隈にあります。他の街の繁華街に比べると、歩いててなんら声掛けや客引きまがいな事もなく変にしらけてしまいます。そんな中発見。

主なメニュー

基本メニューとして支那そばの出汁がベースのラインナップのようだ。自分が居たときは辛い支那そばが限定でありました。

初訪問なのでやはり、支那そばを選択しました。


ラーメンの特徴

  • 麺・・・うどんに近いツルツル食感のストレート平麺。なんとゆうかどん兵衛をハイテクでリアルにしたような感じ。
  • 具・・・鴨肉、ねぎ、クコの実、なると
  • 汁・・・あっさり醤油ベースのタレ。鴨の出汁を使用している情報です。油は散りばめられたような様相で、そばやうどん系の汁みたいな印象はあります。が、ラーメンだけあり、ラーメンらしいパンチというか、出汁と勢いも感じられます。そこが良い!独創性があり、〆ラーメンとしてもかなりオススメできます。

結論:紙一重でラーメン。表現的にそそらない表現かもしれませんが、逆です。こんなラーメンあるんだなと。




<スポンサードリンク>

店舗情報

  • 神戸市中央区中山手通1-16-12
  • 0783912325
  • 18時~翌5時(ラストオーダー4時半)
  • 無休
  • カウンター、卓席
  • 食べログ情報



<スポンサードリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です