鳥志商店 博多中華そばシリーズ とんこつ


健康志向の有名袋ラーメンシリーズ。知名度と完成度を誇る鳥志商店の麺と匠シリーズ!

そもそも健康志向のラーメンとは?ってなりますが、無添加ラーメン謳っている製造会社は数知れず。ただこだわりぬいているメーカーさんはごく一部と言われるが、まさに此方の鳥志商店さん。では下記にて、製品元含めシリーズ作など概要を自由研究し、まとめてみましたのでよろしくです。

製品概要:鳥志商店の麺と匠 博多中華そばシリーズ

大正7年創業。そうめんを作るメーカーであった。その後平成初期にかんすいを使わない独自の乾燥麺を売りに博多中華そばシリーズをはじめ、多数の袋ラーメンを販売。個性的な袋ラーメンシリーズは此方の鳥志商店オンラインショップをご参照下さい。

特徴は乾燥麺の形状。断面でみるとM字になっています。半分に折ってお湯に入れて茹でます。

作り方

上の通り、M字の麺を半分に折って2分程茹でる。

スープは麺茹でと違うお湯で溶かしておくこと。

ラーメンの特徴

  • 麺・・・臭さのないお店さながらな硬めのストレート麺
  • 具・・・なし
  • 汁・・・粘度のない豚骨スープですが、しっかりとしたまろやか感はあります。ラードがしっかりとんこつ臭さを出しています、といっても他のとんこつとは違い独特の臭さまではない。

次回は博多中華そばシリーズの久留米ラーメンか、冷やし中華レモンあたりを購入してみたい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です