日清ラ王(袋麺)豚骨醤油味

どちらかというと、カップラーメンのイメージがある日清のラ王についてご紹介します。

日清ラ王について

インスタントラーメン大手の日清から発売の看板商品の1つです。1992年から発売された生麺タイプのカップラーメンが世間てブレイク。そのイメージがあるが現在は袋麺も登場して、スーパーで活躍しています。2011年にマルちゃん正麺が発売され、追随する形で生麺ブランドとして静岡や甲信越で先行発売。のち2013年から本格的に全国発売されている。種類や詳細は日清のページをご参照


スポンサーリンク

作り方

麺の茹で時間は5分と長め。見る限り麺とスープ用は同じお湯で良いようです。


スポンサーリンク

ラーメンの特徴

  • 麺・・・ノンフライ麺で茹で時間は長め。袋インスタント麺としては、比較的太めなラーメンです。臭さもなくツルツルモチモチ感がかなりあります。筆者的にはインスタントとしての麺のレベルは高い方だと感じました。
  • 具・・・なし(冷蔵庫にあった万能ねぎをふりかけた)
  • 汁・・・さらっとした醤油豚骨スープです。油は少なめでこってり感はあまりありません。魚介感もそんなに強くはないですが、豚骨醤油だけあり、それなりのコクはある作りにはなっています。

結 論

スープよりも麺が一番の特徴で、ウリではないかと思います。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です