博多一幸舎すすきの店


すすきのにまたもや新しいラーメン店がオープンしました。北海道にはあまり根付いていない九州の豚骨ラーメンの大型店「博多一幸舎」です。行かないわけにいきません。
場所は南6条西3丁目御代川ビル(中小路にお店はあり、そのまま中小路を進めば欅がある位置)




<スポンサードリンク>

 お店の概要


2004年に創業し、福岡を中心に日本各地、海外にも出店している。若いスープと熟したスープそれぞれ2つの寸胴を使って、若いスープから取ったスープを継ぎ足す「呼び戻し製法」で作り上げる。豚骨スープ本来の伝統の技術を駆使しています。そのスープは泡が立つ旨味あるスープとなっています。それが元祖泡系ラーメンと称されているのが一幸舎の特徴。

そこに自社製麺のストレート麺がスープに絡みます。お客様からの要望も強くあったそうだが、豚骨不毛の地北海道は札幌に先日、店舗がオープンしたわけです。

主なメニュー


ラーメン・黒ラーメン(マー油入)・赤ラーメン(海鮮油入ピリ辛)がメインの柱のようだ。今回は、初訪問だったのでラーメンを発注しました。



<スポンサードリンク>

ラーメンの特徴

  • 麺・・・細めで色白のストレート麺となっています。硬めで頼んだので詳細わかりませんが、他の博多麺より粉っぽい感しが少ないので麺同士がくっついたりしないのがよい点。自社製麺工場で制作。
  • 具・・・ねぎ、肉、キクラゲほか卓上薬味
  • 汁・・・濃厚な豚骨スープで、ミルキーな乳化した層に覆われております。そしてスープのボディ(下の層)は意外とサラッとしていて粘度感がない。スープ自体がドロッとしているわけではないので飲んだ後でも意外に飲めてしまうスープですよ。そして極上の豚臭となっています。呼び戻し製法で摂られたこの豚骨スープには旨みで表面に泡が立つため元祖泡系と言われているそうです。魚介などで取られたタレが骨骨しさにバランスを与えています(私の舌レベルではわからない)

店舗情報


 

札幌市中央区南6条西3丁目御代川6・3ビル1階



「スポンサードリンク」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です