SAPPORO餃子製造所:話題の餃子店で、まぜそばを頂く


「SAPPORO餃子製造所」変わった名前ですが、現在は東区だけでなくススキノにも出店したようです。ではテレビなどで紹介され話題になった餃子屋さんを訪れてみました。



<スポンサードリンク>

お店の概要(自由研究)

大阪王将の運営会社イートアンド社が新形態として出店した同店。大阪王将の製造工程を使い、そのまま新鮮な状態で餃子提供するのが特徴だとか。また道産素材を利用している点は、同店のみならず現代的なキャッシュフレーズ。また餃子の生地や具を量り売りも行っています。

また、餃子だけではなく麺類も充実しています。製麺室を設け自家製麺しております。

主なメニュー

ウリは「大粒餃子定食」、オリジナルの「まぜそば(汁なし麺)」ではないかと思います。


まぜそばにも注目

餃子は勿論、まぜそばを注文する人も多い様子です。最近札幌でも注目されつつある、汁なしラーメン。その中の1つまぜそば。沢山入った具に、底に浸ったタレ。それを一気にかき混ぜて食べる形態が、まぜそばです。

■キーマカレーまぜそば¥820

きしめんのような、平たい形状で太さランダムな麺です。モチモチしますが、やや強めの食感です。クリーミーなイエローハットカレーのタレが沈んでいます。オリジナルな要素満載です。しかしさほど辛くもないしスパイス感はありません。ホールトマトが良いアクセントですが、麺と混ぜるのであれば辛さやニンニクのパンチがもっとあればさらに良かったのにな。という感想も抱きました。


<スポンサードリンク>

大粒餃子定食については

普通の餃子の二倍はあるサイズ。見た目はイマイチですが、皮の食感、食べた時に溢れでる肉汁でとてもジューシーな餃子です。大阪王将のそれと似た部分もそれはありますが、噛み応えや味においてもオリジナル感あります。ただ値段が900¥以上するため値段相応かと言われるとなんとも難しい印象です。人によっては、安くてそこそこの食べられる味で、量が多い手軽感が庶民に愛されるが、此方は価格が高い点が一人踊りしてます。ただひそかに、具付き味噌汁や、こばんお代わりがフリーですという部分は良心的です。全体的にコスパが高いか聞かれると、「あえて」そうではないような気もしました。


■今回訪問した店舗情報(東区)

食べログをご参照下さい


<スポンサードリンク>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です