播州ラーメン(イトメン)兵庫県のご当地ラーメン?


今回は兵庫県の播州ラーメンのお話です。(ご当地ラーメンというのかは謎)この袋ラーメンを手にして初めて存在を知り、兵庫県のラーメンへの興味が湧いていきました。




「スポンサードリンク」

という事で、イトメンさんから発売されている、「播州(ばんしゅう)ラーメン」をご紹介します。

播州ラーメンとは(自由研究)

兵庫県西脇市を中心とした特定地域で見られるラーメン。地場産業の醤油を利用した醤油ラーメン。他との違いだが、氷砂糖やリンゴ、タマネギなど利用した独特な甘味ある醤油が特徴のようです。

由来は地場産業として栄えた繊維業。中学を卒業したばかりで就職した女工達が好みの味に合わせ、作られたタレが、今に辿り着いたという説が最有力のようだ。

製品概要

  • 販売:イトメン 兵庫県にあるインスタントチャンポン、ラーメンやそうめんを製造するメーカー
  • 袋単体価格 ¥140前後 5食パックは¥525
  • 購入場所 やかん亭を利用

ラーメンの作り方

麺茹でたお湯でスープを混ぜて良い案内になっています。

ラーメンの特徴

  • 麺・・・一般的なインスタント麺に比べて細めで、つやつや感もありました。これも播州ラーメンとしての特徴の1つらしい。
  • 具・・・なし。今回は家庭の食事の一環で野菜炒めを投入される
  • 汁・・・あっさり醤油スープです。もっと焼き鳥のタレみたいに強烈な甘味かなと思ったが、そうではなくタレ自体柔らかみがあって、そうゆう意味も含んでの後口に甘さを感じました。

コレは本物のお店でもし食べたら、甘さの意味がもっと理解できて具は何が合うのかななど、より楽しめる美味しそうなラーメンなんだろうなと想像ができる美味しい一杯でした。 


「スポンサードリンク」


 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です