支那そば三八 徳島にある人気店の袋ラーメン


さぁ今回も行ったつもりラーメン旅行記です。この際ブログ名変えようかな、元々仮名のままやっていたつもりだし( ・_・)それはさておき、今回は徳島へやってきた・・・つもりです(^^;)

◆徳島ラーメン・・・ざっくり分けると三系統が主流らしい。

  • 茶系・・・細めんに、豚骨で濃いたまり醤油のこってり汁に豚バラと生卵(現地の方はあまり卵のせないらしい)。一般的には此方が徳島ラーメンと称される。
  • 黄系・・・豚骨鶏ガラスープは白濁しながら薄口醤油。まろやかな甘い動物系スープ。
  • 白系・・・此方が本来の元祖的な徳島ラーメンらしい。白濁豚骨に白醤油ベースのスープ。

とりま能書きが長くなったが、今回は黄系の有名店、三八(さんぱ)の袋ラーメンを嫁から頂き食してみた。

販売元は、地元の八百秀という徳島土産などを販売している企業みたいです。今回は通販です。

ストレート麺だけあり、棒ラーメンです かやくに小ネギです。

 

麺を茹でたお湯は使わないで、スープは別途用意した方がよいようだ。

めっちゃ良い顔つきです!!

麺は柔らか感触の色白ストレート麺。スープは乳化系豚骨鶏ガラスープで醤油のとがりなし。甘いまろやかな舌ざわりで、動物臭さもかなり感じる。九州の臭い豚骨が好きな方にはハマる系統かも。これはかなりの高得点です。一袋2食入り¥250くらいが相場みたいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です