宮崎辛麺 宮崎のご当地袋ラーメン

宮崎のご当地ラーメンって聞かれても豚骨ラーメン類くらいしかわかりませんが、ある日宮崎という文字の興味深い袋ラーメンを発見し即買いしました。



「スポンサードリンク」

 

製品概要

辛麺と書かれた袋ラーメンです。どうやら延岡発祥の辛いあっさりスープに溶き卵とニラが特徴のラーメンらしい。ところにより(天気予報みたいですが)こんにゃく麺と呼ばれる細めの麺が使用されたりするそうです。こんにゃくが材料に含まれるわけではないみたい。

 

今回の商品は「一(はじめ)」という会社が販売元

発見場所は、コープ札幌。値段は急いでたので忘失。¥150某

辛さが三段階的に別れ販売されている。今回は真ん中レベルを。

本場は桝元というところが、店舗や通販をしているらしく現地ではポピュラーらしい。ひとまず今回はそれ以上気にせず実食。

一般的な油揚げ麺。かやくとして乾燥ニラ少々に、粉末スープ。

これでは寂しいので、さらにニラと卵を炒めます。ホントは溶き卵をスープに混ぜるのがルールみたいだけど、多分失敗してスープがグチャグチャになるのが目に見えたのでやめておきました( ・_・)

ちなこんな感じに仕上がりました

どこかで食べたことあるようなないような。そんな袋ラーメンですが、辛さは、辛いのが苦手ではない方なら程良い辛さと思う。チキンスープで辛さがうまさを倍増。 



「スポンサードリンク」

更に辛い商品「辛辛麺」 

「辛辛麺」という最大級の辛さタイプも店頭に並んでいたため購入しました。

辛さは倍増まではいかないが、スープの出汁感が減って辛さが幾分増したような印象。唐辛子が増えてそれが喉に引っ掛かるとキツいです(笑)個人的には辛辛麺より辛麺の方がバランスは良いのでお勧めしたいかなと思います。

これまた袋ラーメンを追い求めていくうちに、未知のラーメンの一端を知れました。繰り返すと、札幌ではコープ札幌で購入することができます。袋ラーメンの旅はまだまだ続きます



「スポンサードリンク」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です