札幌圏の降雪量情報2/26 雪の多い区などについて


ラーメンネタは後日まとめて更新するとして、今日は札幌圏の降雪量の情報です。

2月の終わり際に久々のまとまった雪が降りました。あと一息で春も見えてくるか。冬も終盤です。

▼とりま2/26夜の時点、各地点の積雪の深さ

【補足情報 その他札幌圏のデータ】

岩見沢62 小樽102  小金湯101

赤井川131 余市110 倶知安149

以上を加味すると、今シーズン札幌市内でダントツの積雪は西区西野で125。赤井川の数値と変わらないのだから札幌市内としては相当なものです(°°;)観測所が手稲山の麓なので当然といえば当然か。

◆地域格差

札幌も広いので、上の画像通り、地域により雪の深さはかなり違います。※除雪状況や観測所以外の地理的要求もあるので参考なまでなお話

・今年の傾向・・・というよりここ数年は西区~中央区南部~澄川方面~清田区が例年以上に勢いあり。

・数年前までの傾向・・・下の画像のように西区~北区(特にあいの里方面)~東区~江別方面に集中的に降る事が多かった。

上下の画像の違いはわかりますでしょうか。最近は上の画像のような傾向が多く、北区東区は例年に比べて元気なく、南区清田区方面が例年以上の豪雪傾向にあります。

とまぁ、あと1ヶ月どのような降り方になるのやら。中央区の札幌管区気象台を基準とすると、積雪深は例年より多いです。12月に降った大雪の影響力でしょう。

累計降雪量(今シーズン降ったトータルの量)のことについては後日別途お話する予定です。

ではまた。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です