利尻昆布ラーメン 北海道のお土産ラーメン

以前、「マツコの知らない世界」の番組でインスタントラーメン第1位に輝いたことある「利尻昆布ラーメン」の御紹介です。

さらにインスタントラーメン専門で、それを作って提供する某店のランキングでも1位になったらしいのでかなり気になっていました。



「スポンサードリンク」

 

 

 

商品について

  1. 製造・・・驚いたのが利尻漁業共同組合ということです。町をあげての商品と気合いが違いますね。
  2. 値段・・・¥250某します。手軽なインスタントラーメンではなくお土産仕様なのかな、本格的に手が込んでいるためなのか、そんな事を勝手に想像していると納得してしまいました。
  3. 購入元・・・札幌市内だけでも多数販売あり。今回は、土産店「こぶしや」で購入しましたが、ほかにも丸井今井の地下「きたキッチン」や札駅「どさんこプラザ」や「ドン・キホーテ」など主要箇所多数販売店あり。観光客向けに空港でも多数のお土産店で見かけます。北海道の土産ラーメン屈指のブランド力を誇るようです。

作り方

しかもこれは即席麺ではありませんという表示が本格的です。

ここで注意したいのが、麺茹で用のお湯と、スープのお湯を分けること。これはもう即席麺ではないですが、事前にそう書いてるのも流石(°°;)

麺を茹でること5分。

※沸騰した湯に麺を投入後、自然に麺がほぐれるまで麺は一切ほぐさないのがポイントらしいです!




「スポンサードリンク」

ラーメンの特徴

あ 新しい丼をやっと用意しました(^^;)

  • 麺・・・ヤクルトラーメンみたいに軽く緑がかっております。どうやら昆布粉を練り込まれているようです。茹で上げるとモチモチ感があり癖もなく、あっさりスープを受け止める器があります。

  • 汁・・・透き通った薄めの醤油色、タレのとがりは極小。ラード油はほのかにありますが、ほのかな(多分)出汁感があり、すっきりしています。ラーメン屋で出してもアリな具合です。そこに具材のとろろ昆布を混ぜると昆布まみれの味になります。麺にも昆布粉が練り込まれてるのでどんどん昆布感が増す気がします。これは考えられています。

コレは確かに値段高めの袋ラーメンだけはありました。

結 論

袋ラーメンもピンキリです。此方の昆布ラーメンは旨い!というよりは上手いっていう印象でした。個人的には一見の価値はあります。



「スポンサードリンク」

「利尻昆布ラーメン 北海道のお土産ラーメン」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です