キリンラーメンを食べてみた 愛知県のご当地インスタントラーメン

愛知県西三河地方の有名なご当地インスタントラーメン。札幌でもごく一部スーパー等で販売されています。



「スポンサードリンク」

製品概要

キリンラーメン 公式サイト

小笠原製粉 :愛知県周辺、他一部本州高速S.A、札幌では、フードセンターやまもと(南16条)・すぎはら(宮の森)等でも販売されています。

昭和40年発売(平成7年生産中止も復活)

醤油、味噌、塩ほか、全国各施設とのオリジナルコラボ製品でさまざまな味(例えば、ゆず風味醤油等)を提供しているようです。

特徴・・・無化調が拘り、優しい味わいで揺るがない家庭的インスタントとして地位を確立しているようです。

  キリンラーメンが、札幌でも一部のスーパー等で手に入るんです。たまたま立ち寄った自宅近くの「やまもと」で、キリンラーメンを発見してしまう。まさに衝撃。北海道で他地域のご当地インスタントラーメンがメインの棚に堂々陳列されているんですから(°°;)でも周囲に話を漏らしたら、あぁ見たことあるよと言われ続け、見事に中二病ぶりを発揮してしまう(*_*;

今回はとりま、基本のキリンラーメン醤油を食べてみた。

他の袋ラーメンよりサイズが大きい。レトロなデザイン。一度消滅したが、要望が多く復活した模様。

もう一つ驚きなのは、化学調味料は使用していないということ。化学調味料は魔法の粉みたいな印象だが、逆に無化調というのは魔法の言葉だよね。

薄味の醤油で柔らかい味わい。油は皆無に近い。札幌でいうダブルラーメンに近いイメージです。定番の油揚げ麺。ゆで時間二分。

いいですね。ザ・インスタントラーメンで尚且つ優しい味わい。いつまでもこの味忘れてはいけないと思います。



「スポンサードリンク」

「キリンラーメンを食べてみた 愛知県のご当地インスタントラーメン」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です