札幌圏の累計降雪量、積雪深 3月10日分


3月10日になったが、意外にまとまった雪が降りましたので情報更新します。

上の画像の矢印は、上のほうが北区東区~岩見沢方面が大雪になる季節の雪雲の流れ。下の矢印がここ数年の雪雲の流れ。吹雪で有名なあいの里や太平方面は大人しく今年も中央区南部~南区~清田方面が顕著な大雪となりました。

◆各方面の累計降雪量/積雪深さ

※多い区

西区西野564  107

手稲区曙491    87

南区藻岩下518   93

清田区平岡494   89

中心部461  82

※少ない区の例

北区太平416   58

※近郊

小樽470  85

南区小金湯592  89

以上です。

中心部ベースとはなるが、12月を除くと比較的穏やかな冬。12月の降雪量が影響し、数値でいえばそこそこ多いシーズンといえますね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です